No.406 イギリスの製造業を滅亡させたのは誰か

今回は、イギリスの製造業に関する分析記事をお送りします。今や製造業の時代は終わったという見方が主流のようですが、製造業がなくなることはあり得ず、むしろ自動車や鉄鋼などの生産増に見られるように、製造業は依然として成長分野であると著者のウィル・ハットン氏は指摘しています。特に先端技術に付随して、製造業でも新たな革新が行われ、古い製品が改良、小型化されています。そんな中、この分野を滅亡に追いやるのは、イギリスの金融の利権であり、政府であるとハットン氏は分析しています。是非、お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む