No.465 勉強し過ぎの日本の学生にもっと太陽を?

今回は、日本の教育改革を取り上げた『ニューヨーク・タイムズ』紙の記事をお送りします。自民党政府は来年度より、完全学校週5日制への移行を始めとした教育改革に着手しますが、私は日本の教育問題は、儒教、仏教、神道、日本の古典といった道徳や価値観を教えなくなったことがその根底にあると考えます。平安時代から昭和の終戦まで、日本の教育の基本はこの道徳にありました。自分で考え判断を下せる独立した国民を育てるためには、善悪の区別を教えなければならず、これが倫理・道徳教育でした。

 しかし、戦後の日本の教育は、奴隷を育てるための教育に変わりました。奴隷を育てるには、命令に従って権力者が期待することだけを行うよう教えれば良かったのです。そのために戦後の日本人は、父親の背中を見るのではなく、口うるさい教育ママの命令に従うことがよしとされてきたのです。

 戦後教育によって育ったのは、自民党が支配しやすい従順な国民でした。日本人は今、自民党、日本の経済団体、米国によって組織される権力連合の支配や搾取をおとなしく聞き入れ、それに疑問を持つことさえありません。日本人は大量製造に適した従順な労働者であり、大量流通のための従順な消費者でしかないのです。意気地のない、軟弱な奴隷になってしまったかのようです。

 最近の統計によれば、日本の子供たちは国語や算数といった学力だけでなく、体力も低下しているといいます。週5日制への移行や授業時間の削減は間違っていると思うし、さらに変えるべきなのは、学校で子供たちが受ける教育の質を高めることだと私は思います。そしてそれは、道徳や社会の義務を教えることなのです。

 今日本でこういうことをいうと、右翼だとか国粋主義といったレッテルを貼られますが、それは間違いであって、自分たちの社会は自分たちで作り上げるのだということを教えなければいけないのです。その上で、子供たちに読書や分析、考えることや学ぶこと、体を動かすことの楽しさを教えるのです。戦前の倫理・道徳に行き過ぎがあったのであれば、それを踏まえた上で、平安時代から終戦まで日本が行っていた教育がもたらした、強みと弱みの両方を注意深く研究することが重要だと思います。是非、お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む