No. 1687 潮流に逆らう

最近、彼らが何かについて「その可能性は低い」と言うとき、それは「ほぼ確実に真実である」という意味のwoke語(Wokeの人たちの語彙)だ。

– ジェフ・チルダーズ(コーヒー・ウィズ・コビド・ブログ)

by James Howard Kunstler

最近の時代思潮では、多くの災難、難問、謎が渦巻いていて、米国での生活は毒入りワカモレの強い流れに逆らって泳いでいるような感じである。特に左派政治家からほとばしる緑色の吐瀉物は、私たちの言葉を冒涜し、すべてを上から下、内側から外側まで変えてしまうため誰もそれを止めることができない。結局、現実に関するコンセンサスを泥の下に押し込めてしまうのだ。今ようやく、この意図的な悪意と欺瞞に対抗する政治勢力が集結した。 続きを読む

No. 1686 ウクライナ、それはすべてランド研究所の計画書に書かれていた

Ukraine, It Was All Written in the Rand Corp Plan

「アメリカの対ロシア計画は3年前に作られた」

by Manlio Dinucci

2022年3月12日にイタリアの新聞「イル・マニフェスト」に掲載されたマンリオ・ディヌッチによるこの鋭い記事は検閲の対象になっている。 続きを読む

No. 1685 日本と中国の歴史

中国人民に対する、言いようのない残虐行為

岸田外相の “恥ずべき対米従属”

by Kim Petersen

 我が国が過去の一時期に行った行為は、国民に多くの犠牲をもたらしたばかりでなく、アジアの近隣諸国等の人々に、いまなお癒しがたい傷痕を残しています。私は、我が国の侵略行為や植民地支配などが多くの人々に耐え難い苦しみと悲しみをもたらしたことに対し、深い反省の気持ちに立って、不戦の決意の下、世界平和の創造に向かって力を尽くしていくことが、これからの日本の歩むべき進路であると考えます。我が国は、アジアの近隣諸国等との関係の歴史を直視しなければなりません…

「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話 (平成6年8月31日)

二つの国家間の状態を考えるとき、その関係の歴史を理解することは非常に重要である。 続きを読む

No. 1684 WEFとWHO – 彼らは死のカルトを運営しているのだろうか?

The WEF and WHO – Are They Running a Death Cult?

WHOと製薬会社が支配する世界規模の暴君的な “医療制度”

by Peter Koenig

倒れる木は育つ森よりも大きな音を立てる。     – チベットの諺

静かに成長する森が、大衆の目覚めを表していることを期待しよう。

その様子と証拠から、たとえ無知な人でも私たちが「死のカルト」の中に生きていることがこれまでよりも明らかになっている。それは秘密結社が主導するカルトで、主な目的は世界人口の大部分ではないにしても、多数の人を殺すことだ。 続きを読む

No. 1683 元ロシア大統領、日本の首相に割腹を勧める

ドミトリー・メドベージェフ、ジョー・バイデンとの会談後、岸田文雄の恥ずべき対米従属を非難

Reuters (January 14 2023)

ロシアのドミトリー・メドベージェフ前大統領{1}は、日本の岸田文雄首相を恥ずべき対米従属と非難し、割腹するよう提案した。 続きを読む

No. 1682 静かな(パニック)の西部戦線

All Quiet (Panic) on the Western Front

by Pepe Escobar

    影が落ちてくる/一日中ここにいる/眠るには暑すぎる/時間がなくなっている/魂が鉄になったような気がする/太陽が癒してくれなかった傷跡がまだある/どこにも行ける余地はない/主よ、まだ暗くはないが/もうじきだ

    – ボブ・ディラン『ノット・ダーク・イエット』 続きを読む

No. 1681 ゴボゴボ、ブクブク

Glug Glug, Gurgle Gurgle

悪人たちが結びついた時、善人は仲間にならないといけない。さもなければ、彼らは一人ずつ卑劣な闘争の中の同情されない犠牲者となっていくだろう。       – エドマンド・バーク

by James Howard Kunstler

タイタニック号の沈没は驚異的なスペクタクルだと思っただろうか? ディープ・ステートの船も、船体に穴を開けられ、2023年のいつかには沈没することが確定しているようだ。 続きを読む