No.1378 ついにCDCが、新型コロナ死亡の75%は “少なくとも4つ以上の併存疾患のある”患者で起きていたことを認めた

1月15日、日本で初めてのオミクロン株感染者の死者がでた。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/154409?fbclid=IwAR0m-pem3qHt2Mq82lvYWv8KuxgQB5EiWGOabhpKBtW6O6gol4rlbjiy0Nk

記事を読むと亡くなったのはワクチン2回接種済の基礎疾患ある高齢男性と90代の女性だという。毎年多くの高齢者が冬場に風邪や肺炎で亡くなってきた。しかし今年は、高齢者や基礎疾患のある人にオミクロンをうつさないように、若者や子どもたちにワクチン接種を進めていくことが大事だとワクチン大臣の堀内氏は言う。狂気の沙汰だ。(耕助) 続きを読む

No. 1377  嘘の上に築かれた国-米国はいかにして豊かになったか(パート4e)

嘘の上に築かれた国-米国はいかにして豊かになったか(パート4e)

by Larry Romanoff

そして、「コピー・オリンピック」の優勝者は:

今日の米国の豊かさに大きく貢献した、米国の歴史書が軽視しているもう一つの要因がある。現在、米国政府や企業は、中国が米国の製品やアイデアをコピーしているとか、米国の知的財産(IP)を尊重していないなどと非難するプロパガンダを大量に流しているが、米国人は誰かが製品をコピーしたり、知的財産を盗んだりしても、それを批判する立場にない。なぜなら米国人は200年以上もの間、知的財産権の盗用や製品の海賊行為の世界的な達人だったからだ。 続きを読む

No. 1376 “新型コロナ物語”の発明

日本政府が3000億円の予算を使って無料のPCR検査をどんどん行うことで
「感染者数」が増えていく。それが無症状や軽症であったとしても!
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA251740V21C21A1000000/

そして医療従事者がみな濃厚接触者になって医療・介護崩壊がおきる。経済も回らなくなる。これがPCR検査によるパンデミックの実態なのだ。(耕助) 続きを読む

No.1375 嘘の上に築かれた国-米国はいかにして豊かになったか(パート4d)

嘘の上に築かれた国-米国はいかにして豊かになったか(パート4d)

by Larry Romanoff

後退する米国

私が他のところで長々と書いてきたように、そしてマイケルズが彼の記事で指摘しているように、米国は科学や産業の革新において競争相手になることも、ましてやリーダーになることもなく、主に質の悪い消費財を生産し他の先進国の平均値に匹敵することはほとんどなく、最高のものに匹敵したこともなかった。 続きを読む

No. 1374 新型コロナのシナリオは非常識で非論理的…たぶんそれは偶然ではない

国民の8割がワクチン接種済でもマスクやソーシャルディスタスが終わらない。東京都で見つかったオミクロン株感染者55人の 約7割はワクチン2回接種済みで、都は「接種を済ませていても油断せず、対策を徹底してほしい」と呼びかける。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220105/k10013415911000.html

1月5日に都内で新たに17人がオミクロン株に感染していることを確認したが、全員、症状が軽いか無症状だった。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220105/k10013416861000.html
無料PCR検査をしまくれば無症状の「感染者」が増えるのは当然だろう。それでも専門家はオミクロンを軽視するなと恐怖を煽り続ける。無症状や軽症者を入院させることが医療崩壊を誘導し、重症者や死者数も増えていないのに蔓延防止法を始めた県もある。日本のコロナ禍は終わりそうもない。(耕助) 続きを読む

No. 1373  今、人々がワクチンで死んでいく   

南極大陸にあるベルギーのプリンセス・エリザベス基地は、100%のワクチン接種率で100%遠隔地に隔離され、すべてのメンバーは基地に入る前にはワクチンと検査を受けなければならない。その基地でスタッフ25人のうち少なくとも16人、つまり3分の2がコロナに感染したという!

https://www.bbc.com/news/world-europe-59848160

ワクチンがいかに有効かを示す完璧な例なのである。(耕助) 続きを読む

No. 1372 米国一のエイズ否定者としてのRFK Jr……そしてメディアの沈黙の音

by ロン・ウンズ (https://www.unz.com)

ロバート・F・ケネディ・ジュニアが書いたアンソニー・ファウチと医学界を攻撃する本が1週間以上にわたりアマゾンのベストセラー1位となり2,600件以上のレビューが寄せられ、うち94%が5つ星という出版界のセンセーションとなっている。 続きを読む

No. 1371 これはアンソニー・ファウチのクリスマスを台無しにするだろう

これはアンソニー・ファウチのクリスマスを台無しにするだろう

by タイラー・ダーデン

https://www.zerohedge.com

不遵守とは、ホリデーシーズンに家族で一緒に過ごす…義務化された3回のワクチン接種を拒否する米国人…マスクをしない嘆かわしい人たち…

これらはコロナ大参事ポルノの世界的権威者、アンソニー・ファウチ博士を激怒させるであろう事柄のいくつかである。 続きを読む

No. 1369 嘘の上に築かれた国-米国はいかにして豊かになったか(パート4c)

嘘の上に築かれた国-米国はいかにして豊かになったか(パート4c)

by Larry Romanoff

数千の秘密

これらの大規模な盗みを公に記録し、認めた数少ない例として、1946年10月号のハーパース・マガジンに掲載された、C・レスター・ウォーカーの「Secrets by the Thousands」という記事がある。彼の記事は次のように始まっている。

「ある人が最近ライト・フィールド(軍事施設)に宛てて、“米国には敵国の戦争機密がかなり集まっており、その多くは現在公開されていると理解しているので、ドイツのジェットエンジンに関するすべての情報を送ってもらえないか”、という手紙を送った。陸軍航空部隊の航空文書課の答えは、“申し訳ないが、それでは(書類が)50トンになってしまう”、であった。しかもその50トンは、今日、間違いなく史上最大の敵国捕虜の戦争機密コレクションとなっているもののごく一部に過ぎない。あなたが戦争の秘密をいつも考えているなら、考えたことのない人はいないだろうが、この後の6と7を読めばあなたも興味を持つかもしれない。このコレクションに含まれる戦争機密は数千にも及び、文書の量は山のように多く、これに匹敵するものはかつて存在しなかっただろう。 

このコレクションは現在、主にライト・フィールド(オハイオ州)、米国議会図書館、商務省の3カ所に保管されている。ライト・フィールドでは1500トンもの文書の大鉱脈があり、ワシントンでは技術サービス局(OTS)の報告によると数万トンの資料があるという。100万点以上の資料を扱わなければならないと推定され、それらにはドイツの科学、産業、軍事の秘密がほぼすべて含まれている可能性が高いという。あるワシントンの政府関係者は、この種の資料では世界最大の単一ソースであり、国全体の頭脳を初めて秩序立てて利用したものだ、と述べている。」

ウォーカーは米国が「戦争機密」と婉曲的に呼んでいたものを大々的に探したことを確認している。しかしそれは単に米国に不足していた軍事的、商業的、科学的な知識の宝探しであった。この任務を遂行するために、米国のさまざまな機関が数人から十数人の規模で500以上の情報グループを結成し、ドイツに侵攻する米軍に密着して、他の連合軍が到着する前に価値のあるものをすべて没収することを目的とした。これらのジョイント諜報目標探索チームの多くは、特に産業・科学上の機密を見つけ出し、没収することを命じられていた。ウォーカーによれば、これらの米国の英雄たちは「独創性と粘り強さの神業」を発揮して任務を遂行したという。確かに彼のいう通りである。あるケースではドイツ特許庁が極秘特許のいくつかを160フィートの鉱山の地下に保管していたが、米国人はそれを発見し、米国の「戦争賠償金」として中身をすべて没収した。

ドイツ人は米国から定期的に「すべての科学・貿易データを引き渡し、引き渡さなければロシアに引き渡されて処刑されるという結果を受け入れる」という文書にサインさせられていた。ほとんどの人は、この脅しに屈した。彼らは軍事研究機関のスタッフではなく、光学機器や製薬会社などの商企業のスタッフであり、「戦争機密」とは全く関係がなかった。米国には複数の写真班やマイクロフィルム記録チームがあり、24時間体制で発見物を記録していたこともあった。ウォーカーは、IGファルベンが分割されてできたドイツの巨大化学会社ヘキスト社だけでも米国に100人以上の研究者がいて、「毎月10万フィート以上のマイクロフィルムを運んでくる40台のOTS記録カメラに対応するために熱中していた」と記している。ちなみに米国がヘキスト社から取り出した文書は毎月数百万ページにのぼった。米国はこのようにドイツの科学的、商業的秘密を盗んでいたのである。

ウォーカーは読者に、「戦争機密コレクションの中からいくつかの優れた例」も紹介している。その中には、ガラスではなく磁器で作られた1,000ワットの超小型真空管も含まれていた。この真空管は事実上破壊できないもので、米国が作ることができた最高の真空管の10分の1の大きさだった。また、奇跡のような磁気記録テープ、完璧な暗視を可能にする赤外線装置、そしてそれを作動させる「驚くべき小型の発電機」を挙げている。ドイツの赤外線技術は非常に進んでおり、米軍関係者によると、「ドイツの車は完全な停電の中でどんな速度でも走行でき、200メートル先の物体を昼間のようにはっきりと見ることができた。この装置を搭載した戦車は2マイル先の目標を見つけることができた。狙撃用スコープとしてドイツのライフル隊員が真っ暗闇の中で人を狙撃することができる・・・普通の懐中電灯の電池の電流を15,000ボルトに昇圧した」。これらの発見以前には、アメリカ人はこれらのアイテムが存在することも、まして設計や製造方法も知らなかった。ウォーカーが挙げた電子機器の数々には、米国の科学者にとっては魔法のような素晴らしいコンデンサーや、多くの製造工程で重要な役割を果たす合成雲母の大型シートの製造など米国人にはどんな大きさでも作ることができなかったが、これによって米国のコールドスチールの生産量は1000%増加したという。またドイツ人が完成させたコールドメタル成型プロセスを米国人は決して作ることができなかったが、これによって米国のメーカーは多くの製品の生産速度を10倍にすることができたのである。ウォーカーは軍の通信部門の責任者から、このたった1つの「戦争機密」だけで米国の何十もの金属加工産業に完全な革命をもたらしたと言われたと述べている。

 

ウォーカーはさらに、「繊維分野では戦争機密の収集によってあまりにも多くの発見があり、米国の繊維関係者はめまいがしたほど」と述べている。ウォーカーはドイツのレーヨン織機(ドイツを視察していたアメリカの編み機チームが「発見」したもの)が、生産量を150%増加させることを発見したと紹介している。婦人用の継ぎ目のないメリヤスを作る織機、米国の企業が夢にも思わなかった織物用の針を作る機械、羊の皮から羊毛を分離して完璧な皮の表面を残す特許の方法なども紹介されている。

ウォーカーは情報源から次のように言われた。「産業上の秘密の中でおそらく最大の収穫は、ドイツの偉大なカルテルであるIGファルベン産業の研究所や工場から得られたものだった。これほどの秘密情報の宝庫はかつてなかったと言われている。それらは、液体燃料、固体燃料、冶金、合成ゴム、繊維、化学薬品、プラスチック、薬品、染料など多岐にわたる。米国のある染料の権威は、「5万種以上の染料の製造ノウハウと秘密の処方が含まれている。その中には、我々の染料製造よりも早くて優れたものも多い。我々が作れなかった色も多い。米国の染料産業は、少なくとも10年は進歩するだろう」。

ダニエル・マイケルズはその優れた研究成果の一つとして、次のように書いている。

連合国側が収集した機密情報の中で、最も多くのものがIGファルベンの研究所や工場から得られたものであり、IGファルベンは米国と密接な関係にあるシンジケートで、化学物質の製造をほぼ完全に独占していた。化学はもちろん合成物質の多くを生み出す基礎となる。フランクフルトにある巨大なIGファルベンのビルには貴重な記録が保管されていたが、第二次世界大戦では「奇跡的に」空爆をまぬがれ、連合国が望めば爆撃精度の向上が可能であることが証明された。ファルベンビルの保管庫には、液体燃料、固体燃料、冶金、合成ゴム、繊維、化学薬品、プラスチック、薬品、染料などの産業秘密情報が保管されていた。戦後、ファルベンビルに駐在していた米陸軍将校の中には没収されたファイルや記録の価値は(それだけで)戦争の資金調達に十分だったとコメントする者もいた。

マイケルズはまた、「偉大な航空学上の発見の中に、スウェプトバック翼について記述した論文と、スウェプトバック機が音速付近で優れた速度特性を持つことを明確に示した膨大な風洞データがあった。これらのデータは、この種のものとしては初めてのものだった。ボーイング社の技術者であるシェーラーはすぐにボーイング社の同僚に手紙を出し、彼らが設計した直線翼を持つマッハ1遷音速機の開発を中止するようにと伝えた。彼はデータをマイクロフィルム化し、シアトルに戻ってから、それを使って米国初の掃気型爆撃機B-47の設計に使用した。」と記している。

ウォーカーはこう続ける。「食品、医療、軍事分野でも、捜索隊の発見は目を見張るものがあった。そして、航空や誘導ミサイルの分野では、まさに憂慮すべきことが判明した。ドイツ人は熱を加えずにフルーツジュースを殺菌する方法まで発見していた。紫外線による牛乳の殺菌は、海外では常に失敗していたがドイツ人はその方法を見つけていた……」。彼の情報源によると、ドイツ人は米国人がずっと欲しがっていたが作れなかった連続バター製造機を発明していたという。その機械のサンプルはすぐに押収され米国の乳業会社に送られた。ドイツ人は、食品を保存するための驚くべき新しい方法を発明していた。また空調と水の再生を非常に効率的に行っていたので、ドイツの潜水艦はドイツから太平洋に出て、そこで2ヶ月間活動した後、乗組員のために新鮮な水を積み込むことなくドイツに戻ることができたという。

ウォーカーによると、ある米陸軍の外科医が、ドイツの医療機密は米国の医学の「何年もの研究」を救うものだと主張したという。その中には合成血漿を商業規模で生産する方法や、血液製剤やアドレナリンの代替品などがあった。これらは米国人が何年もかけて試行錯誤してきた分野でもあるが、ウォーカーは「今日、我々は製造の秘密を手に入れた」と自慢した。これらすべてを米国側は「戦争機密」と分類しており、その分類によって盗用を正当化しているということを忘れてはならない。

 

また、ドイツでは心臓が完全に停止し、呼吸が止まった状態でも蘇生させる方法を開発していた。ウォーカーは、「日本との戦争が終わる前にこの方法は米国のすべての航空・海難救助隊が使用する治療法として採用され、今日では医学的にも一般的に受け入れられている」と述べている。同様にドイツ人はすでにマイナスイオン化した空気の医学的重要性とその生成方法を発見していた。

ウォーカーはさらに、「しかし、将来に向けて最も重要なのはドイツの航空と各種ミサイルの秘密である。ロンドンを爆撃したV-2ロケットは、ドイツ軍が持っていたものに比べれば、おもちゃに過ぎなかったと陸軍航空隊の出版物は報じている。終戦時には138種類もの誘導ミサイルが様々な段階で製造・開発されており、あらゆる種類の遠隔操作や信管を使用していたことが分かっている。無線、レーダー、有線、連続波、音響、赤外線、光ビーム、磁気等々、また、動力源としては、亜音速、超音速を問わず、あらゆるジェット推進が用いられた。ジェット推進はヘリコプターにも応用された。燃料は回転翼の先端にある燃焼室に送られ、そこで爆発し、芝生のスプリンクラーや風車のように回転翼を回転させるのである」。さらに彼は、時速約6,000マイルの超音速ロケットは、ドイツからニューヨークまで約40分で到達する大陸間飛行が可能であると述べている。今日、陸軍空軍の専門家が、ロケットパワーと誘導ミサイルの分野ではドイツが少なくとも10年先を行っていたと公言しているのも不思議ではないと語っている。

ウォーカーは記事の最後に、「米国民」、つまり米国企業が、考えられるあらゆる商業的用途に関する文書を何十万件も請求し、これらの情報を「食い尽くした」例を紹介している。ベンディックス、ピルズベリー、パイオニア、パシフィック・ミルズなどの米国企業は、レコードプレーヤーのチェンジャー、小麦粉やパンの製造方法、防虫剤、スパンレーヨンの防シワ加工などのドイツの特許やプロセス情報を要求した。もちろん、米国の偉大なカメラメーカーであるポラロイドも、第一次世界大戦後のコダックと同様ドイツの写真や光学に関する資料から情報を得たのである。

ここで特記したいのは、この1946年10月号のハーパースが印刷物として公に入手できないといういくつかのクレームがあったことだ。クレームによるとハーパースの創刊以来の全号を所蔵している図書館やその他のコレクションでも、この1号だけが欠けているというのである。私はこの問題を調査していないのでこのクレームの正確さを確認することはできない。この記事はタイトルと発行日がわかれば、ハーパーズからオンラインで有料で入手できる。問題は、もちろん、この記事の存在を知っている生きてい人はほとんどいないし、正確なタイトルや発行日を特定できる人はさらに少ないということだ。

ウォーカーによれば、米国の企業は将来性が極めて高いと信じており、「企業の幹部は、出版される特定のレポートを真っ先に手に入れようと、OTSの玄関前に駐車した。中には非常に貴重な情報もあり、競合他社よりも1日でも早く手に入れることができれば、何千ドルもの価値があるかもしれないからだ」。多くの経営者がドイツの情報は自分の会社にとって数百万、数千万ドルの価値があると主張し、最終的には、ドイツから盗まれたIPの宝庫全体が1945年のドル換算で少なくとも100億ドルの価値があるということですべての関係者が合意している。

フリードリッヒ・ジョージはその著書の中でこう書いている。

 ドイツ特許の没収、売却、産業利用によって米国とイスラエルがどれだけドルで潤ったかを正確に判断することはもちろん不可能である。ジョン・ジンベル教授は、著書『科学・技術・賠償』の中で次のように述べている。戦後ドイツにおける搾取と略奪は、米国とイギリスに奪われた「知的賠償」だけで約100億ドルに上るだろう。1952年に出版社のハーバート・グラバートは300億ドルと見積もっている。これを2008年のドルに換算すると数千億ドルになる。これにソ連の戦利品を加えれば、1兆ドル近くになるだろう。これだけの金額が何年もかけて米国経済に注入されれば、戦後に米国が繁栄したのも当然である。

ジョージの最後のコメントは、すべての米国の歴史と経済の教科書の表紙の外側に刻まれるべきだ。後述するが米国の中産階級を生み出した、わずか40年ほど続いた米国の短い繁栄の期間は2つのことが原因であった。1つは、世界で最も科学的な創造力を持った国の全IPを大規模に盗んだこと、もう1つは、ほぼ間違いなく米国で起きたであろう大衆革命を防ぐために制定された社会主義的な労働契約である。

ダニエル・W・マイケルズは、この問題について、情報に富む優れた調査を行って一連の記事を書いているが、そのうちの1つ「The Great Patents Heist」と題された記事は、詳細と背景に満ちている。{21} {21a} {21b} {21c} {21d} {21e} {21f}マイケルズは何十年もの間、米国国防総省と海軍海洋情報センターでドイツ語の翻訳者として雇われており、この窃盗の規模について多くの個人的な経験を持っていた。ジョン・ギンベルも『科学、技術、そして賠償』という論文を書いている。『戦後ドイツにおける搾取と略奪』は、1990年にスタンフォード大学出版局から出版されている。

マイケルズはまず次のように述べている。「移民が我々の繁栄と偉大さに貢献したことを認めることは、米国人の誇りとして十分に受け入れられる。第一次世界大戦後、そして第二次世界大戦後にドイツの特許や発明を奪って我々の科学的リードと繁栄の多くがもたらされたことは、少し受け入れがたい」。彼は、世界史の中で最も創造的な時代は1932年から1945年の間にドイツで起こったのではないかと指摘し、戦後の米国の技術ブームを煽ったのは、こうしたドイツの科学研究の盗用であったと述べている。トルーマンの大統領令9604は、「盗みのライセンス」として知られているが、これは、当時のドイツの知的財産、製品、プロセス、特許のすべてを盗むという、おそらく世界史上最大の強盗行為であった。

今日、米国は知的財産の保護を大々的にアピールし、一方で他国の知的財産を秘密裏に、あるいは不正な手段で取得した過去や現在の努力を否定し、スパイ活動やその他の努力は「テロ」や国家安全保障の問題にのみ対処していると必死に主張している。このような否定は、これらの事実とその後のエシュロン計画を前にすれば、全くの嘘と簡単に片付けられる。トルーマンの大統領令9604は、ドイツで発見された「科学的、産業的、技術的なプロセス、発明、方法、装置、改良、進歩に関するすべての情報を含む科学的および産業的な情報」を、「その起源にかかわらず」押収することを定めていた。

マイケルズはこう記している。

 知的財産の泥棒は今に始まったことではないが、1945年から1948年にかけて「超大国になりたい」国々がドイツで行ったことの規模と冷酷さは前例のないものだった。米国は、文字通り、ドイツの特許、デザイン、発明、商標の現存する全財産を盗んだのである。そのような記録の存在と場所を米国の進駐軍に知らせなかったドイツ人は「報告が不十分」という理由で投獄され、処罰され、さらには死の危険にさらされた。

第二次世界大戦が終わると米国のエリートたちは、米国が戦前の不況に逆戻りするのではなく、経済を活性化させ、一流の軍事・産業体制を整えることを決意した。そのためには、ドイツの先進的な軍需品や航空、産業の秘密を没収して米国に移植するだけ、つまり再発明して「Made in the USA」と刻印された。連合国側が特許を利用する上で圧倒的に有利になるように、ドイツ人は没収された後も自分たちの発明品を使用したり、参照したりすることを禁じられた。ドイツ特許庁は連合国によって閉鎖され、再開されたときは最初に割り当てられた番号は800,001で、約80万件のオリジナル特許が連合国によって略奪されたことを示していた。

もちろん、この種の泥棒は常に国際法に反している。ギンベルはその著書の中で、「米国がドイツの財産を没収したことの合法性について、陸軍法務官事務所の国際法部門の責任者であるウィリアム・G・ダウニーは、敵の私有財産の押収に関するハーグ条約の規則を大幅に引用してこう書いている。「敵の私有財産は、軍事的に直接使用できるものでない限り、差し押さえてはならないというのが、戦時国際法の一般的に認められた原則である。占領軍は、国家に属する財産のみを…占有することができる」。しかし、他の多くの事例で見てきたように、国内法も国際法も、米国政府が取るべき行動を制限することはなかったのである。

マイケルズの記事は、ドイツ連邦共和国の初代首相であるコンラート・アデナウアーの回顧録から次のように引用している:

1948年末、米国技術サービス局のジョン・グリーン局長は、ドイツの特許や産業秘密の利用に関する活動を報道機関に報告した。米国の専門家によると、IGファルベンの特許は米国の化学工業に少なくとも10年のリードを与えたという。このようにしてドイツ経済が被った損害は、数字では表せないほど甚大である。イギリスは、平和条約がどうであろうと、ドイツの発明を尊重すると宣言している。しかし米国はそのような宣言をしていない。そのため、ドイツの発明家は自分の発明を利用することができない。これがドイツの経済発展に大きなブレーキとなっている。

アデナウアーの「ドイツの経済発展にブレーキがかかる」というコメントは余りにも控え目な表現だった。戦後のドイツ経済は廃墟と化しており、基本的なインフラの再建にも十分な資金がなかったため、新しい研究開発はすぐにはできなかった。ドイツは、それまでに存在していたすべての知的財産を奪われており、国際特許連合から意図的に除外されていたため、新しい発見を特許化したり、利用したりすることができなかった。ドイツの新しい発明や科学的発見はすべて米国に没収され、米国のプロジェクト・エシュロンの大規模かつ圧倒的な浸透のおかげで米国のスパイはドイツの発明をほぼ確実に発見し、それゆえに、それがどれほど慎重に保護されていたとしても、差し押さえることができた。さらに言えば、ドイツはすでに米国への強制送還や世界中に散らばらせられたことで優秀な科学者をすべて奪われていたのである。

アデナウアーが米国のアイゼンハワー大統領(当時)にドイツの特許や商標の没収問題の解決を要求したのはそれから10年近く経ってからだった。アイゼンハワーはアデナウアーに、ドイツの知的財産権やその他の資産がこれ以上没収されることはないと保証し、盗まれたドイツの知的財産資産の返還は、将来のある日に「検討する」とした。2016年現在、その「返還の日」はまだきていない。しかしそれと前後して、終戦から少なくとも10年後の1955年5月、「ドイツの産業機密の押収に伴う不適切さを認識」した米国は、ドイツに「パリ協定」への署名と、「占領中の連合国の行動に対するすべての請求権や異議を放棄する」ことを強要したのである。いわゆる「協定」にはこう書かれている。

ドイツ連邦政府は将来において、賠償または返還の目的で、もしくは戦争状態の結果として、または三国が他の連合国、中立国またはドイツの旧同盟国との間で締結した、または締結する予定の協定に基づいて押収された、ドイツの対外資産その他の財産に関して実施された、または実施される予定の措置に対して異議を唱えない。

ジョージはこう記した。上記の規定から明らかなように米国を中心とする連合国は、「エシュロン」と呼ばれる盗聴プログラムやその他の情報機関を使ってドイツの産業を監視する権利を依然として保持している。この継続的な監視の成果は、おもに米国とイスラエルの受信者に送られている。

Notes:

(21) The Great Patents Heist https://www.456fis.org/GREAT_PATENTS_HEIST.htm

The link does not work but you can read about the same here:

(21a) The Great Patents Heist. John Nugent. (wintersonnenwende.com)

(21b) Dunkirk (newensign.com)

(21c) The Great Patents Heist | VikingLifeBlog (wordpress.com)

(21d) The Great ‘Jewish’ Patents Heist of the Third Reich (renegadetribune.com)

(21e) The Great Patents Heist | I R O N L I G H T (wordpress.com)

(21 f) The Great American Science Heist – Kapi News

https://www.moonofshanghai.com/2021/11/en-larry-romanoff-nations-built-on-lies_23.html