No.471 ブッシュは世界の脅威

米国のブッシュ新政権による京都議定書離脱、北朝鮮や中国との外交政策などから、米国が自国の利益だけを考える傾向が以前にも増して顕著になってきています。以下の記事の分析を是非お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む

No.470 反米主義の理由を読み違えている米国

今回は、米国が反米主義の理由を間違って解釈していると指摘する、パリ在住、ウィリアム・パフの記事をお送りします。これまで私がこのOur Worldシリーズでずっと指摘してきた米国の傲慢ぶりについて、パフが見事に描写しています。是非、お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む

No.467 市場はいかに我々を愚かにしたか

 今回は、イギリスの新聞『オブザーバー』紙より、ウィル・ハットンの記事をお送りします。彼は、株式市場を金融制度に結びつけて金融制度にまで自由経済の原則を当てはめた結果が、現在の日米不況の原因だと指摘しています。またこの状況は、1930年代の不況を彷彿させるものであり、イギリスや米国では、銀行破綻により一般市民が職や貯蓄を失った教訓を忘れ去ってしまったために起きたものだとしています。是非、お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む

No.466 信頼感の危機:経済が鈍化し、ブッシュ大統領は指導者というよりも子供の王様だ

平成になってから、自民党、官僚、メディアは、長い間日本の伝統でもあった考え方を次々に米国流儀に切り替え、規制や慣行を撤廃してきました。それもすべて、一部のデータだけを基に、日本よりも米国経済の方が効率的であるからだと説明しています。しかしその米国礼賛は、低下する労働者賃金、拡大する貧困、所得と富の格差、蔓延する暴力犯罪や麻薬、不足する刑務所など、米国が直面している多くの問題をまったく無視しています。

事実、真の米国は先進国と呼ばれるどの国よりもひどい状態にあります。さらに、米国は地球史上、最大の貿易赤字、最大の個人および公的負債、最大の対外債務を抱えながら、それらについては都合よく無視しています。日本のメディアや自民党が国民に繰り返し伝えてきたのは、米国のGDPや株価の上昇率が日本のそれを、ほんのここ数年上回っている、ということだけです。

今回取り上げるのは、その一時的、かつ一部の現象を捉えて日本と比較した米国の成功も、終焉を迎えようとしているというケビン・フィリップスの記事です。日本の伝統を簡単に捨て去り、米国流儀のやり方を猿真似することばかり熱心に勧めてきた人々は、これで自分たちの愚かさに気づくのでしょうか。それとも、また別のいい訳を探して、米国の猿真似を続けようと主張するのでしょうか。

続きを読む