No.298 米国の巨富の歴史(3):アスター家の財産の起源

OWメモ『米国の巨富の歴史(1)~(2)』(No.294およびNo.295)でもご紹介した、グスタバス・マイヤーズの著書『History of Great American Fortunes』から、今回は、都市部でどのように富が築き上げられていったかを示すため毛皮商人アスターの例を取り上げます。是非、お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む

No.297 都市生活に適した自転車

 京都在住の私は市内の移動時にはマウンテンバイクを利用し、また友人が訪ねて来た時にも自転車で案内する大の自転車派です(自宅にはマウンテンバイクが5台あります)。以下は、自転車こそ未来の交通手段だとする、ワシントンのシンクタンクの所長、レスター・ブラウンの記事です。交通渋滞、大気汚染の緩和にも自転車が最適だと分析しています。是非、お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む

No.296 ウォール街の内情の暴露本『大破局』

 今回は、モルガン・スタンレーの元社員がウォール街の内情を暴露した『大破局』(徳間書店刊)という本を紹介します。デリバティブについて書かれたこの本は、モルガン・スタンレーをはじめとする投資銀行(証券会社)が行っているデリバティブの多くが、ただの賭博に過ぎず、買い手の無知に付け込むものであることを、素人向けに説明しています。読者も是非一読されることをお勧めします。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む

No.294 米国の巨富の歴史(1)

米国政府は長年にわたって日本政府に対して規制緩和、民営化、グローバル化などを迫り、日本の経済や社会を米国に似せて作り変えようとしてきました。日本の多くの政治家や識者達は過去も現在もその圧力に屈し、中には日本独自のやり方を捨て米国式をとり入れた方が日本の利益になると信じているような指導者もいます。しかし、日本の米国式制度がどう機能しているのか、またそれがほとんど例外なく米国人のために機能してきたという事実を、完全にかつ正しく理解している日本人はいったいどれほどいるのでしょうか。また米国の経済史を学んだ日本の政治指導者や識者が何人いるでしょう。非常に少ないと私は思います。

経済や社会をどのように運営していくか、これ以上米国の圧力や説得に屈服する前に、グスタバス・マイヤーズが書いた『History of Great American Fortunes』(初版1907年)を読むべきです。出版元のランダムハウスは、1937年のモダンライブラリー版に次のように記しています。「マイヤーズのこの本は米国史を記録した文書として、四半世紀以上にわたって攻撃されることはなかった。出典としても、この本は第一級の多くの作家に資料と名声を提供した。事実にはすべて出典が付され、実際の公式記録から直接引用されている。マイヤーズの作品に記された事実に異議を申し立てた者はいまだかつていない。すべての発言が確認・立証済みの証拠で裏付けられている。マイヤーズの関心は、巨額の富がいかなる手段で獲得されたか、またその富がどのような目的のために利用されたかということであり、結論を導くのは読者に委ねられている」  以下は、『History of Great American Fortunes』の序文と、植民地時代から独立革命期の米国経済を取り上げた章から、私が重要と思う箇所を抜き出して編集したものです。私もここではあえて結論は加えず、読者にそれを委ねることにします。是非、お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む

No.293 信頼性を失った東アジア安全保障問題に対する米国諜報部

 日本政策研究所所長のチャルマーズ・ジョンソンによる以下の記事を読み、米国が北朝鮮や中国からの脅威を意図的に煽っているのは、日米防衛ガイドラインを単なる言葉だけではなく実質的なものにするためではないか、つまり戦争を起こして日本をそれに巻き込もうとしているためではないかと思わずにはいられなくなりました。これはNATOに対する米国の影響力を高めるために、ユーゴに空爆を行ったのとまったく同じ理由によるものです。是非お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む

No.292 日米政治ガイドラインはさらなる日本の対米従属化をもたらす

今回は、4月30日付けの『デイリーヨミウリ』紙に掲載された米国平和研究所のスコット・スナイダー氏の記事に私のコメントを付けてお送りします。スナイダー氏は日本と米国には防衛ガイドラインだけではなく、政治ガイドラインも必要だと主張していますが、私はそれが日本にさらなる対米従属をもたらすと考えます。米国の識者や政治家が日米関係をどのように捉えているかが、この記事からよく読み取れると思います。

続きを読む