No.307 日本政府の虚構

 今回のOWでは、今年2月、高知県の外国艦船の非核港湾条例案に対して、政府や自民党がいかに反発し、廃案に追い込んだか。また、36年前の1963年に、核搭載艦寄港・通過は核の持ち込みに当たらないという日米合意が交わされていた事実について取り上げます。

 この2つの事実を見ると、国民に対しては、非核三原則に基づく国の政策として核兵器の持ち込みは許さないとする一方、米側に対しては「持ち込む」を核兵器の陸上への配備・貯蔵を意味する「イントロデュース」と狭義に解釈し、寄港や通過は事前協議に含まれないと合意しており、日本政府がいかに二重基準を適用しているかがわかります。このことからも私は、日本政府が主権在民としながら、その国民をいかに馬鹿にし嘘偽りによって騙し続けているかを痛感しています。是非、お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む

No.303 『Corporate Predators』に関する書評

 今回は『ネーション』誌(1999年6月28日号)よりラッセル・モクヒバーとロバート・ワイズマンの書いた『Corporate Predators(企業の略奪者)』についての書評をお送りします。通常のOur Worldの形態とは異なる書評の形ではありますが、是非取り上げたい内容でしたので、あえて今回の内容として選びました。是非、お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む

No.302 米国大統領選への参加料は2,000万ドル

今週は、イギリスの『インディペンデント』紙から、大統領選に参加するだけで2,000万ドルが必要だと指摘している、米国の大統領選に関する記事をお送りします。今後の大統領選の行方を見守るにあたり、参考になると思います。是非、お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む

No.301 バルカン戦争で潤う武器商人

 今回は、ユーゴスラビアへの空爆の裏には、米国兵器産業の存在が潜んでいたことを示す記事をお送りします。ポーランド、ハンガリー、チェコ共和国のNATOへの加盟にも、兵器産業の後押しがあったと指摘されています。是非、お読み下さい。皆様からのご意見をお待ちしております。

続きを読む