No. 1281 スパイ活動疑惑

米紙ワシントン・ポストが2月、米中央情報局(CIA)やドイツ連邦情報局(BND)がスイスの通信暗号化企業を秘密裏に所有し、日本を含む世界各国の外交公電を解読するなど、秘密情報を収集してきたと報じた。 続きを読む

No. 1279 ダライ・ラマとCIA

1月末、米下院本会議は中国チベット自治区での人権弾圧を批判し、人権や宗教の自由を擁護する法案を賛成多数で可決した。昨年11月の香港人権法、12月のウイグル族の人権擁護に関する法案に続き、米国が中国政府に圧力をかける法案は三つ目となる。 続きを読む

No. 1276 フィンランドから学べ

昨年12月、フィンランドで34歳の女性首相が誕生した。フィンランド連立与党第1党の社会民主党から世界最年少の首相になったマリン氏は、貧しい家庭に生まれ、父親はアルコール依存症、両親の離婚後は母親とその同性のパートナーに育てられたという。北欧の国は多様性社会を象徴するような国家指導者を選んだのである。 続きを読む

No. 1273 米国要求にNOと言えるか

「桜を見る会」において、主催者である安倍首相が自らの支援者を公費で供応したとして国会で問題になっていた時、米外交誌フォーリン・ポリシーは、トランプ政権が日本政府に対して今年7月、在日米軍を駐留させる経費負担を約4倍に増やすよう要求していたことを報じた。 続きを読む